宇治神明校で発生した事件について

先日、京進での悲しい事件についての判決が出ましたが、京進の代表取締役から以下のようなコメントが発表されています。2度とこのような事件があってほしくないと心から願います。。
--------------------------------------
平成17年12月10日、弊社の講師がご在籍いただいている生徒さんの尊い人命を奪うというあってはならない事件を起こしました。お亡くなりになられたお子様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様には衷心よりお詫び申し上げます。ご在籍の生徒の皆様及び保護者の皆様方はもちろん、社会一般に対し、多大なるご心配、ご不安をおかけする事態となりましたことを深くお詫び申し上げます。

当社は創業以来31年、「ひとりひとりを大切に」という教育理念のもと、誠実に絶えざる努力を続けてまいりました。生徒の夢を実現するために、社員・講師を含む全従業員が一生懸命に取り組み、多くの生徒、保護者の方々から感謝の声をいただいております。それだけに、今回の事件は、痛恨の極みであり、かかる事態が二度と起こらぬよう、再発防止、未然防止に努めるべく、私自身、全従業員の先頭に立って取り組む所存であります。

今回の事件によって、多くの気づきが得られ、また、反省するべきところも多くありました。この事件を忘れず、これを契機として、安全を最も重視した体制作りを急ぐとともに、大切なお子様をお預かりしていることをふまえ、これまで以上に誠心誠意、指導に取り組む所存であります。

株式会社 京進
代表取締役社長  立木貞昭
posted by ミルク at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京進の特徴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3733713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。